Bíblia OnLine

Nova Pesquisa         Todo o Livro         Todo o Capítulo

   Versão: 日本語: Colloquial Japanese Bible (Kougo-Yaku)
 
Gênesis 2:20それで人は、すべての家畜と、空の鳥と、野のすべての獣とに名をつけたが、人にはふさわしい助け手が見つからなかった。    
Gênesis 2:21そこで主なる神は人を深く眠らせ、眠った時に、そのあばら骨の一つを取って、その所を肉でふさがれた。    
Gênesis 2:22主なる神は人から取ったあばら骨でひとりの女を造り、人のところへ連れてこられた。    
Gênesis 2:23そのとき、人は言った。「これこそ、ついにわたしの骨の骨、わたしの肉の肉。男から取ったものだから、これを女と名づけよう」。    
Gênesis 2:24それで人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるのである。    
Gênesis 2:25人とその妻とは、ふたりとも裸であったが、恥ずかしいとは思わなかった。    
Gênesis 3:1さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。    
Gênesis 3:2女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、    
Gênesis 3:3ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。    
Gênesis 3:4へびは女に言った、「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。    

   
Veja também: CvvNet



Página anterior    [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ]    Última página